不妊治療 検査

不妊治療の検査について

不妊治療検査について。不妊治療を始めるに当たって検査を行います。どんな検査を行うのか分かりやすく解説しています。

不妊治療の検査を理解しよう!

 
 不妊治療ガイドTop > 不妊治療の検査

不妊治療の検査
適切な不妊治療をするために様々な検査を行います。

問診表に記入
まず不妊症アンケートに必要事項を書き込みます。
身長、体重、病歴、月経の状態などの基本的な情報を記入します。
さらに、中絶の回数や性交時の問題、精神疾患など書きにくい事柄も記入します。
隠す人が多いのですが、これらは不妊とかかわりが深く、状況によって治療方針も変わりますので、
必ず記入しましょう。

問診
問診表と基礎体温表を見ながら、医師から直接質問を受けます。
立ち入った質問もありますが、正直に話しましょう。
患者も気になることがあれば、この場で医師に質問しましょう。

一般検査
身長、体重、血圧、尿たんぱく、尿糖、子宮がん検診、おりもの細菌検査、貧血、風疹、
HBs抗原、HCV抗体、HIV、血糖、トキソブラズマ、梅毒、CA125、クラミジア抗原、甲状腺

内診
外陰のチェック、膣鏡を使った膣内部の検診、医師の触診による膣内部の診察、
経膣超音波で子宮の状態を検査、卵胞の発育状態をチェックしたりします。

男性の検査
精子の検査を行います。


2回目以降の検査
具体的な治療の方針を立てるためには、2回目以降にも色々な検査を受けなければなりません。
月経の周期に合わせて検査を行うので2ヶ月以上かかります。

卵胞期には超音波検査、ホルモン検査、子宮卵管造影検査、子宮鏡検査など、
排卵期には超音波検査、頸管粘液検査、尿検査、ヒューナーテストなど、
黄体期には超音波検査、ホルモン検査など、
月経期にはLH-RH・TRH試験、月経血培養検査、精液検査などを行います。


月経周期に基づいた決められた検査日でなければ、検査できないこともありますので、
その日を逃すと1ヶ月待たなければならないこともあります。
スケジュールをしっかり立てましょう。


不妊の原因
不妊症の原因
不妊症の症状
女性の不妊症の兆候
年齢と不妊の関係
妊娠率と年齢・性交頻度・結婚期間の関係
妊娠するための基礎体温

生理トラブルは不妊の一因
肥満は不妊になりやすい
無理なダイエットは不妊症に
中絶が不妊へ与える影響
クラミジアが不妊の原因に
冷え性と不妊の関係
二人目の不妊

女性の不妊の治療
不妊治療の成功率
不妊治療の費用
不妊治療の病院の選び方

不妊治療の検査
子宮卵管造影検査で何ができる
腹腔鏡検査で何ができる
ヒューナーテストで何ができる
ホルモン検査で分かること
卵管通気検査で分かること
内視鏡検査で分かること

排卵障害の原因と治療
卵管障害の原因と治療
着床障害の原因と治療
子宮内膜症の原因と治療
子宮頚管の通過障害の原因と治療
性行為障害の原因と治療
不育症の原因と治療
黄体機能不全の治療
子宮筋腫の手術

人工授精の方法と費用
体外授精の方法と費用
顕微授精の方法と費用

不妊症と漢方薬
妊娠しやすい食べ物
妊娠しやすいセックス

男性の不妊
男性不妊の検査
精子検査で分かること
無精子症の原因と治療
勃起障害の原因と治療
射精障害の原因と治療
尿道鏡検査で分かること

不妊治療の病院
不妊治療の用語集

Copyright (C) 不妊治療ガイド All Rights Reserved